植毛なら拒否反応はない

agaとはどんな方法で治せるのか

agaは立派な病気です。男性ホルモンが関係しているので男性型脱毛症と呼ばれています。治療法としてはまずは薬があります。代表的な治療薬がいくつかあります。どんな効果があるのか、といえばagaを引き起こすとされているDHTの働きを抑制してくれるようになっています。或いは頭皮の血行をよくすることによつて、発毛を促したりする薬も処方されることでしょう。
投薬においては基本的にはこうした効果があるものを服用することになります。後は直接的に頭皮に発毛を促す薬を注入したりすることもあります。薬というよりは栄養成分なのですが、これも高い効果が期待できます。そして、圧倒的に治る方法として確立されているのが自毛植毛です。
これは自分の毛を植毛する方法であり、少なからず自分の毛の部分が残っているのであればそこからとって、植え替えることによってほぼ完治します。この方法のよいところはDHTの働きなどが関係ない点になります。新しく植えられたものであるので男性ホルモンとくっついた酵素からのシグナルが出てこない、という利点があります。ですから、再度、その部分がagaになる可能性は極めて低いわけです。自分の毛細胞なので拒否反応もないのです。

agaを自力で治すよりも効果的な方法

最近頭が薄くなってきたけど、父親もじいちゃんもツルツルだったから、まあ仕方がないか。頭の悩みを遺伝だと思って諦めている方もいるかと思いますが、その薄毛、治療できるかもしれません。
agaという言葉はコマーシャルなどでも、ちらほら目にするようになりましたが、これは男性型脱毛症のことです。遺伝子要因も確かにありますが、男性ホルモンが多くても、この脱毛症になってしまうようです。ウィルスや菌、食生活が原因ではないので、放っておいてもいつか時間が解決してくれる、というものではありません。
将来、頭の毛がなくなると心配する人、あるいはもうすでになくなってきたと焦っている人は、専門クリニックを受診してみるといいかも知れません。通うのが面倒だからと言って、つい市販の育毛剤と買ってみたり、ヘアブラシで頭皮を刺激して地道な努力をするのも良いのですが、こういった方法はきちんと効果が出ているのか、わかりにくい面があります。
そうこうしている間に薄毛はどんどん進行していきます。年を取ってもフサフサの頭でいたいと考えているなら、まずはagaの専門クリニックでお医者さんに相談してみましょう。建設的な提案をきっとしてくれるはずです

Update Post

2017年08月28日
植毛なら拒否反応はないを更新しました。
2017年08月28日
治療の選択肢はいくつもあるを更新しました。
2017年08月28日
aga治療は保険適用外を更新しました。
2017年08月28日
育毛剤でもだめならを更新しました。

Copyright(C)2017 agaを治療して寂しい頭とお別れ All Rights Reserved.