なぜ男性は薄毛になりやすいのか

agaの原因とは

agaとは男性型脱毛症のことで、成人男性に多く見られる髪が薄くなる状態を指す言葉です。それではagaの原因について説明すると遺伝、男性ホルモンの影響と言われていて、徐々に抜け毛が進行して薄毛になってしまいます。そして最終的には禿げてしまう人も少なくありません。
agaの脱毛部分にDHT(ジヒドロテストステロン)が高い濃度で見られることからDHTがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と判明していて、成長期が短くなると髪の毛がきちんと成長する前に抜けていきます。
ジヒドロテストステロンは元はテストステロンと呼ばれる髪の毛に対して無害な男性ホルモンなのですが、加齢の影響で減少すると5-αリダクターゼという酵素の作用でジヒドロテストステロンに変化してしまいます。テストステロンはジヒドロテストステロンになると強い脱毛作用が出るのでagaの直接的な原因は5-αリダクターゼと言えるのかもしれません。
そして5-αリダクターゼの量には個人差があり元々多く持っている体質の人が薄毛になりやすいのです。その体質には遺伝的な要素が強いので家族や親族に薄毛の男性が多い人は薄毛になるリスクが高いと言えます。ハゲが遺伝するというのはあながち間違いではなく実際には5-αリダクターゼの多い体質が遺伝すると言えます。

agaの症状の種類と分類方法

日本人男性の3割がagaになると言われていて、その男性型脱毛症の中でも10代から30代前半は若年性脱毛症、40代、50代は壮年性脱毛症と呼ばれます。そんなagaの原因を簡単に説明すると男性ホルモンにより引き起こされたヘアサイクルの乱れで、抜け毛が増加し、髪の毛が細くなり薄毛となってしまいます。agaの特徴としては生え際、つむじから徐々に進行していく点です。
自分がどのくらい症状が進行しているのはの基準となるのが「ハミルトン.ノーウッド分類」と呼ばれるモノでJ.B.ハミルトン医師やO.T.ノーウッド医師が作成した分類方法で全世界で診断基準として使用されています。症状は3段階レベル7に分けて分類されています。レベル1は本人も気がつかないくらいで、レベル2からやや生え際の後退が見られます。
そしてaga対策は早く始める程効果が期待できるので出来ればレベル2から育毛剤などを使用することをお勧めします。レベル3は進行が進み4になるとかなり薄毛が目立ってきます。そしてレベル5は生え際から頭頂部の間に地肌が見えてきて、6になるとはっきりと地肌が繋がってしまいます。レベル7は頭皮全体的に髪の毛がない状態と言えます。また種類としてはagaは生え際から後退するM型型と、つむじから脱毛するO型とがあり、さらに両方同時に進行する場合もあります。

入浴後の頭皮マッサージは、抜け毛予防に効果的! 患者様それぞれの症状に合わせて組み合わせた薬を投与するカクテル療法を行います。 メスや注射を使用しない治療を行います。 aga治療とは、食生活から睡眠など総合的に改善し発毛を目指す治療です。 一種類だけの投薬治療だと増毛効果が期待できない場合も多いです。 発毛の治療に特化したクリニックです。 発毛治療に使われる薬剤ミノキシジルは、脱毛症に効果的! agaにお悩みの方はクリニックにご相談

Update Post

2017年08月28日
植毛なら拒否反応はないを更新しました。
2017年08月28日
治療の選択肢はいくつもあるを更新しました。
2017年08月28日
aga治療は保険適用外を更新しました。
2017年08月28日
育毛剤でもだめならを更新しました。

Copyright(C)2017 agaを治療して寂しい頭とお別れ All Rights Reserved.